MENU CLOSE MENU CLOSE

TEL

医療関係者の方 採用情報へ

腹部大動脈瘤

キービジュアル

腹部大動脈瘤

腹部でもっとも大きな動脈である腹部大動脈が拡大する病気です。動脈瘤が大きくなると破裂する危険がでてきますのでそれ以前に治療することが大切です。現在は2つの治療法があります。一つは開腹で人工血管に取り替える手術、もう一つはステントグラフトと呼ばれる人工血管をカテーテルで足の付け根から挿入する治療です。それぞれの治療には良い面と悪い面がありますので、どの段階でどの治療法を選ぶかは患者さんに説明し相談しながら決めています。腹部大動脈瘤は症状がなく、また検診の制度もありませんので多くの方はかかりつけの先生に診察やエコーで見つけてもらい、当科に紹介されているのが実情です。
なお胸部の大動脈瘤に関しては、当院では心臓血管外科が診療担当科となっています。

対象診療科

Ishinomaki

関連外部リンク

  • 災害医療ACT研究所
  • 日本赤十字社
  • 日本赤十字社 宮城県支部
  • 宮城県赤十字血液機センター
  • 石巻赤十字看護専門学校
  • 石巻市休日当番