キービジュアル

採用情報

診療放射線技師

診療放射線技師

現在募集はありません。

概要

男性技師27名,女性技師11名の総勢38名(放射線技術課32名,放射線治療課5名,物理士1名)の部署となっています。平均年齢も比較的若く、仕事のみならずプライベートでも交流のある風通しの良い環境が1番の特徴です。

モダリティは一般撮影・CT・MRI・核医学検査・X線透視・血管撮影・リニアックがあります。担当モダリティは固定ではないため、様々なモダリティを経験しながら働けることも当院ならではの特徴です。

特色

救急業務

当院は3次救急を受け入れていること、宮城県北の広範な医療圏の救急医療を担っていることから救急患者も多く、必然的に画像検査の件数も多くなります。救急専用のCTと一般撮影装置、ポータブル装置を有し、常に2人対応(日勤,夜勤共に)で検査に望みます。

killer disease等を発見した時にカルテに記載する異常所見報告、普段の業務での患者急変時に初期対応をする急変時対応に積極的に取り組み、常に救急での業務も意識しながら働いています。

救急の現場では多くの診療科に付随する知識と迅速な撮影のスキルが求められるので大変ではありますが、救急センターのチームの一員として貢献できた時にはとてもやりがいを感じます。

  • 年間救急車搬送人数5,804人・・・宮城県で番目に多い
    年間重篤患者受け入れ人数1,389人・・・宮城県で番目に多い
    令和2年 救命救急センター評価(厚生労働省)

研修制度

研修に関してはプリセプター制度を導入しています。これは入職からの1年間を4年目の先輩がマンツーマンで指導,サポートしてくれる制度のことで、始業点検から臨床現場での技術・知識面での全てをサポートします。業務中では忙しくて中々相談出来ない、と思う方も心配ありません。毎週金曜日にはプリセプターとのミーティングの時間をとっているので安心です。また、研修期間中は必ず2人体制での業務になるので、その点でも安心して研修に望むことができます。

なお、研修期間中に配属にならないモダリティに関しては、2年目以降に適正や人数状況、個人の希望を考慮しながらそれぞれ配属されていくことになります。

「理想の放射線技師を目指して」

皆さんは「どのような放射線技師が患者様や他職種および同僚から求められるか」を考えたことはありますか?僕は放射線技師が施行できる検査を、必要なときに高いレベルで患者様に提供できるような技師になりたいと思っていました。そこで、すべてのモダリティを経験できる石巻赤十字病院で働きたいと思い入職しました。当院ではたくさんのモダリティ業務に携わるため、覚えることも多く大変です。しかし、日を重ねるごとにできることも増え、任せられる仕事も多くなりその経験が自信に変わっていきます。何より検査終了後に患者様からありがとうと言われることも多くなり嬉しいです!皆さんもたくさんの知識・経験を蓄えて、「理想の放射線技師」を目指してみませんか?この病院で一緒に充実した日々を過ごせることをお待ちしております!

7:30 出勤 早めに出勤して今日の検査に備えます。
7:30 始業点検 担当は一般撮影です。
立ち上げから日常点検を行います。
8:15 予習時間 慣れない撮影法がないか再度確認です。
8:30 就業開始(午前) 4部屋フル稼働で撮影開始です。
11:30 昼食(45分間) 職員食堂、コンビニ、タリーズがあります。
12:15 就業開始(午後) 午後は入院患者のレントゲンをメインで撮影します。
16:30 終業準備 件数が少なくなってきたので出来る場所から終業点検をします。
17:30 帰宅 明日の検査の予習も終わり帰宅となります。

一覧に戻る

Recruit 採用情報

世界一強く、
そして優しい病院で
一緒に働きませんか?