東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 看護職の魅力知って欲しい 高校生対象「ふれあい看護体験」開催

看護職の魅力知って欲しい 高校生対象「ふれあい看護体験」開催

5月15日(木)、宮城県看護協会と共催し、「ふれあい看護体験」を開催。看護師などを目指す20名の高校生が参加しました。

2014年05月26日

これは「看護週間」行事のひとつで、医療現場での体験を通して看護を身近に感じ、医療職への理解と関心を深めることを目的としています。
当日は、車椅子での散歩や、入浴介助、配膳などを体験。体験後の交流会では「患者さんに「がんばってね」と言われて嬉しかった。あらためて看護師になりたいと思った」という意見が寄せられました。
91年から続けられているこの企画は、参加者の希望・意見を反映し体験項目を増やすなど、毎年工夫を重ねています。今回、20名の枠に37名の応募があり、医療分野への学生の関心の高さがうかがえました。

慣れない年上の方とのお話に緊張気味の高校生

「洗っていきますね」声をかけられると患者さんも安心

先輩看護師を交え、体験の感想などを発表しました