東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. ソマリア連邦共和国政府関係者が当院を視察

ソマリア連邦共和国政府関係者が当院を視察

11月14日(木)、ソマリア連邦共和国政府関係者のみなさんが当院を視察されました。

2013年11月18日

これは、22年振りの二国間援助再開にあたり、日本とソマリアのパートナーシップ強化を図るため、ソマリア政府関係者向け短期セミナーの一環として開催されたもの。当院にはソマリア政府関係者19名が視察に訪れ、災害拠点病院としての役割や震災時の対応についての講義、免震構造の見学などを通じて、復興支援の取り組みについて知見を深めて行かれました。
2時間半という短時間の訪問ではありましたが、震災前からの防災についての取組みや関係機関との連携体制の構築などに対し鋭い質問がいくつも寄せられるなど、密度の濃い視察となったようです。

バロウ外務・国際協力省副大臣と握手を交わす金田院長

「もっとソマリアと日本の赤十字の交流を深めたい!」と嬉しいコメントも