学校案内

  1. ホーム
  2. 学校案内
  3. 学校について

学校について

沿革

本校は、昭和2年4月日本赤十字社の社会的使命である救護看護師養成事業の趣旨目的に則り、日本赤十字社宮城県支部救護員養成所として発足し、以来今日迄数多くの看護師を世に送り出しています。その間宮城県の要請に応え、養護教諭の委託養成を行いました。昭和31年からは看護師要請のみとなっています。

尚、平成8年度入学生より将来救護看護師となれる赤十字看護師を養成するという目的に変更しています。

昭和2年3月24日 日本赤十字社宮城県支部救護員養成所として石巻市吉野町に創立
昭和2年4月 第1回生入学
昭和23年4月1日 石巻赤十字看護学院と改称
昭和23年7月1日 宮城県養護教諭養成所設置
昭和25年3月25日 石巻赤十字高等看護学院と改称
昭和51年4月1日 学校教育法の定める専修学校(専門課程)の認可を受け石巻赤十字看護専門学校と改称
平成19年4月1日 同敷地内の旧石巻赤十字病院を改修し、移転
平成23年3月11日 東日本大震災の津波で校舎が壊滅的な被害を受ける
平成23年6月1日 石巻専修大学の一角を借り、授業再開
平成24年4月1日 石巻赤十字病院敷地内のプレハブ仮設校舎へ移転
平成27年5月 同敷地内 新校舎へ移転(石巻赤十字病院災害医療研修センター内に設置)

平成30年3月までの卒業生  2,576名

教育理念

赤十字における看護教育のねらいは、赤十字の基本原則である人道に基づき、看護の分野において社会の要請に応え得る、豊かな人間性と看護に関する幅広い能力を兼ね備えた看護の実践者を育成することにある。赤十字は、国際的な視点に立って、人の命を守り、個人の尊厳と権利を尊重する。その看護活動は、国籍・人種・信条・政治及び社会的立場のいかんにかかわらず、人々のあらゆる健康レベルに応じて健康上の課題が解決されるよう支援することである。複雑な要因に影響される健康上の課題は、総合的な保健医療福祉活動として包括的、組織的に取り組まれてきている。この保健医療福祉活動の一環をになう看護の機能は、個人のみならず家族、集団コミュニティへのアプローチへと拡大すると共に、より専門的な実践と調整的役割が期待されている。

したがって赤十字における基礎教育終了時には、保健医療福祉システムの中で活動するチームの一員として、また国内外における赤十字活動の要員として個人を尊重した看護活動ができる基礎能力を有し、将 来看護の発展に貢献できる看護実践者の育成をめざすものである。

教育目的

人道を基盤とする赤十字の理念を理解し、豊かな人間性を育み、看護に関する幅広い能力を備えた赤十字看護師として、広く社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  1. 人道(ヒューマニティー)を基盤とする赤十字の理念に基づき、人間の生命と健康を守り、苦痛を予防・軽減し、尊厳を確保できる豊かな人間性を養う。
  2. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
  3. 人々の健康と生活を自然・社会文化的環境とダイナミックな相互作用等との観点から理解する能力を養う。
  4. 赤十字の基本原則を基盤とする看護専門職業人としての職業倫理観をもち、看護を実践できるとともに、最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。
  5. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  6. 健康上の保持増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期など健康や障害の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  7. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるよう、それらを調節するための基礎的能力を養う。
  8. 赤十字の諸活動に興味関心を持ち、将来、赤十字看護師として国内外で活躍できる基礎的能力を養う。