採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 後期臨床研修医の採用情報
  4. 後期研修プログラム(新専門医制度)
  5. 内科専門研修プログラム
  6. 各科の紹介・診療実績(神経内科)

各科の紹介・診療実績(神経内科)

診療科の特徴

診療科の特徴

  1. (1)脳血管障害
    医療圏を中心に急性期脳卒中を多く診療しています。脳卒中を的確に診断し、適切な治療、良好な転帰に結びつくよう指導していきます。すべての入院症例について脳神経外科との合同カンファランスを行い、症例のアセスメント、治療においても血管内治療、外科治療を含めた最善の治療の選択をする体制をとっています。
    高血圧、糖尿病などの生活習慣病が背景にある患者が多いですが、そういった患者の管理方法も学ぶことができます。
  2. (2)神経感染症
    脳炎、髄膜炎に対しては、早期に脳脊髄液検査や画像診断を行って迅速に診断し、エビデンスに準じた感染症治療を行っています。
  3. (3)免疫性神経疾患
    多発性硬化症やギラン・バレー症候群、重症筋無力症などの免疫性神経疾患の診療早期に診断し、適切な治療を選択する必要がありますが、当院では適切に免疫抑制剤やγグロブリン大量療法、血漿交換療法などを用い良好な治療成績を上げています。
  4. (4)神経変性疾患
    パーキンソン病や脊髄小脳変性症、ALSなどの神経難病についても診療し、短期の精査目的入院、薬物調整、リハビリテーションも行っております。在宅療養を行っている患者の合併症管理も行い、長期入院加療が必要な患者については地域の病院とも連携して対応しています。

研修目標

主治医として入院から退院まで対応して頂きます。神経疾患の診断や鑑別診断の検討、必要な検査の施行と解釈、適切な治療の立案などを研修期間終了の際までには自信を持って習得できるよう指導します。

研修方法

主治医制ですが常に神経内科専門医が指導医としてバックアップしていきます。個々の症例について留意すべき事などをきめ細かく指導します。

アピールポイント

アピールポイント

研修期間中に経験した症例に関わる学会発表が行えるよう指導して参ります。
東北大学神経内科医局関連の常勤医ですが、それに縛られることなく後期研修医それぞれの将来の希望に沿ったアドバイス、指導をしたいと考えています。

同じフィールドで働く脳外科医師との連携、コメディカルである病棟看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士とのチームの一体感も当科の一つのセールスポイントです。
石巻、登米医療圏から時には気仙沼方面までの広い医療圏を担う神経内科です。神経内科疾患は多岐にわたり、責任も伴いますがそれ故のやり甲斐、楽しさもあります。チームワークを高めるための飲み会などのリフレッシュも大切と考えています。

診療実績(2016年度)

■入院患者数

脳血管障害 420人
てんかん 42人

■検査実績

脳血管造影検査 19件
脳波検査 167件
経食道エコー検査 30件
筋生検 1件
針筋電図検査 10件