採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 後期臨床研修医の採用情報
  4. 院長の挨拶

院長の挨拶

ジェネラリスト能力を備えたスペシャリストを目指して

当院は宮城県北東部の沿岸に位置した石巻医療圏の中核病院であります。2011年の東日本大震災の際、この石巻地域も壊滅的被害を受けましたが、医療圏で唯一被害を免れた急性期病院として全国の医療人の救援を得ながら、災害医療と救護活動の中心的役割を担いました。その際に大活躍したのは、平成22年度の臨床研修制度の見直し(外科、小児科、産婦人科、精神科の選択必修化)後も変更せずに全科必修を貫いた当院のプログラムで鍛えられた後期研修医と初期研修医の諸君でありました。

さて、初期研修を終えられようとしている皆さんは、新たに自らの定めた専門領域の知識の獲得と技術の研鑽を目指しておられると思います。当院は勿論、そのような皆さんの要望に十分応え得る研修環境を整えております。しかし、いかにスペシャリスト(特定の疾患や臓器に対する深い知識と専門的な技術を有する医師)としてその奥義を極めようとも、せっかく身につけたジェネラリスト(より広い疾患や病態に対する幅広い知識と技術を有する医師)の能力を錆びつかせ捨てるのはもったいないと思いませんか?当院では皆さんに、スペシャリストとしての研鑽の場を提供することは勿論、初期研修医やコメディカルとのチーム医療を通じて、ジェネラリストとしての能力の維持・発展も図っていただける環境をも提供しております。

最後にアメリカ医学の開拓者でもあり、医大な医学教育者でもあったウィリアム・オスラー博士の言葉を皆さんにお贈りします。Medicine is a science of uncertainty and art of probavility.(医学は不確実性についての科学であり。可能性についての芸術である。)「医療崩壊」が叫ばれているこの「不確実性の時代」を皆さんと一緒に医療を立て直し、未来を切り拓いていけることを無上の喜びとします。


院長 金田 巖