採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 薬剤師の採用情報
  4. 業務紹介

業務紹介

薬剤部門業務

サテライト業務

チーム医療


調剤業務

調剤業務

調剤業務

調剤業務

調剤室では主に処方箋による調剤業務を行っています。電子カルテ、オーダリングシステムを用いて薬の相互作用、重複投与を確認し、処方内容に疑問を生じた際は医師に確認した後で調剤を行います。調剤者とは異なる、複数の薬剤師の目で確認する事で過誤防止に努めています。

また、患者さんの状態や薬の管理方法に合わせて、粉砕や一包化調剤を提供することで安全で効果的な薬物療法を受けられるように様々な工夫と対策を実践しています。

注射薬調剤

注射薬調剤

注射薬調剤

注射薬調剤

入院患者さんの注射薬は入院注射箋に基づいて点滴や注射薬品を個人毎及び処方毎にセットします。当院では自動注射薬払い出し装置(UNIPUL-NDS4000)があり、迅速な調剤が可能で、調剤過誤を防止することができます。個人セット後は、複数の薬剤師が投与速度、投与経路、投与時間、相互作用、配合変化などを確認し、疑問点がある場合には、医師への問い合わせを行い安全な投与ができるよう対応しています。

麻薬管理業務

麻薬管理業務

当院は、緩和医療科の開設や手術件数の多さから、他院に比べ、麻薬の採用品目数及び使用数がかなり多い施設となっています。そのため、日々法律に則った形で、納品、払い出し、返却受領、廃棄等さらに帳簿記録を行い、適正な保管・管理を実施しています。

院内製剤業務

院内製剤業務

院内製剤とは、多様な疾病や病態を持つ患者さんに最適な治療や検査ができない場合、医師の指示の下、薬剤師が調製し、供給する薬剤の事を言います。 当院では、学会や文献等の科学的根拠を基に薬剤部や倫理委員会等で検討され、薬事委員会で承認されたものを提供しています。

無菌製剤調製業務

無菌製剤調製業務

無菌製剤調製業務

外来化療センターに併設された専用室内で抗がん剤の調製業務を行っています。化学療法小委員会で承認されたレジメンをもとに患者さんの投与量や投与間隔のチェックを行い、調製の際は安全キャビネットを用いることで安全な化学療法の実施に努めております。 高カロリー輸液は薬剤部内のクリーンベンチで無菌的に調製を行っています。

薬品情報管理業務

薬品情報管理業務

医薬品を適正かつ安全に使用するためには、投与方法、投与量、副作用、相互作用など様々な情報を収集し、その情報が適切なものかどうか評価していくことが必要となります。 評価の結果、必要と思われる情報を医師、薬剤師、看護師などの医療従事者や、患者さんへ提供しています。上記以外にも、薬剤部内外からの問い合わせ対応、新規採用薬品や新規薬価収載薬品等を載せた院内情報誌の作成も行っています。

病棟業務

病棟業務

病棟業務

全病棟に薬剤師が常駐しており、入院患者さんへ安全かつ有効な薬物療法ができるようサポートしています。患者さんに処方された薬の効果・用法・服薬意義など を説明し、納得して治療を受けられるよう努めています。また、カルテや患者さんとの面談から得た情報を評価し、薬の効果や副作用の発現、相互作用のチェックを行います。他にも、医師への処方提案、スタッフへの情報提供など、幅広い業務を通じて、他職種と連携しながらチーム医療に貢献しています。

外来化療服薬指導

外来化療服薬指導

外来化学療法室は2015年10月に新棟に移設され、病床数が20床となりました。薬剤師は主に、初回の抗がん剤の副作用とその対策を中心にレジメンパンフレットを用いてわかりやすく説明を行っています。

錠剤鑑別業務

錠剤鑑別業務

外来や入院で検査・手術を予定している患者さんに対し、事前に抗血栓薬や糖尿病治療薬の服用有無を鑑別し、休薬指導する業務を行っています。患者さんとの面談をもとにお薬手帳やお薬そのもので確認し、かかりつけ病院や薬局へお問い合わせを行うことで鑑別しています。抗血栓薬の休薬は検査・手術の際の過度の出血を防ぐため、糖尿病治療薬の休薬は食事を摂らない検査・手術の際に誤って服用し低血糖を防ぐためなどの理由で行っています。

ICT

ICT

当院のICTは医師をはじめ、看護師、薬剤師、検査技師、臨床工学技士、事務員で構成されています。ICTでは院内のラウンドだけではなく、石巻医療圏の病院にもラウンドに行き、適切な感染対策が施されるか確認しています。また、特定抗菌薬(カルバペネム系など)の使用状況を監視し、抗菌薬の適正な使用を促しています。

NST

NST

当院では週1回の病棟ラウンドを実施して、栄養状態に問題を抱えている患者さんに対して他職種の視点から介入を行っています。薬剤師は栄養輸液の設計や接食・嚥下・消化管運動に影響する薬剤のチェック、薬剤の経管投与の適否についての情報提供を行っています。また、当院はNST専門療法士の研修施設であるため、薬剤師が研修講義や年5回行われるNST主催の院内勉強会で講師を務めたりしています。

RST

RST

呼吸器サポートチームは、急性期と慢性期の2つのチームがあり、医療チームの一員として活動しています。呼吸療法についての研修会を行ったり、院内HPを作成しスタッフに情報提供をしています。その他にも呼吸療法教育クリティカルパスの作成に関わり、週1回のカンファレンスやラウンドに参加しています。急性期では人工呼吸器をつけている患者さんの鎮静薬の投与量や点滴ラインの確認を、慢性期の病棟カンファレンスでは呼吸器疾患のkeydrugである吸入薬について、薬剤師の観点から評価を行っています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

当院の緩和医療チームは、緩和医療科医師を中心に、腫瘍内科医師、歯科医師、看護師(緩和ケア認定看護師、病棟看護師など)、臨床心理士、理学療法士、歯科衛生士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、そして薬剤師と様々な職種がチームを組んで、主に患者さんの心と痛みに対応しています。
その中で薬剤師は、1、服薬指導(お薬の使い方など)を含む医薬品情報の収集と提供、2、主治医と緩和ケア医師から出される処方に対するリスクマネージメント、3、特殊製剤への対応、4、薬剤治療モニタリング、5、薬物適正使用のためのスタッフの教育、6、患者情報を薬物治療の視点からフィードバックすることなどが主な役割となります。
常日頃からチームワークと専門性をもって少しでも患者さんに寄り添った仕事ができるよう心がけています。

糖尿病サポートチーム

糖尿病サポートチームは医療従事者や糖尿病の患者さんに糖尿病への関心や正しい知識をもってもらうため日々活動しています。薬剤師は、インスリン使用患者への自己血糖測定の指導や、糖尿病研修会での講義を行っています。日々進歩する糖尿病治療を支えるため、チーム活動に貢献します。

褥そう対策チーム

NST

主な活動

  • 褥そう回診への参加
  • 委員会・勉強会の開催

薬剤師は週1回褥そう回診に同行し、薬学的な視点から褥そう治療にアプローチしています。また、実際に創部を見ることにより、軟膏剤や患者さんの内服薬や点滴についての提案を行っています。今後はスタッフへの処置指導や適正な軟膏剤選択を積極的に行い、褥そう治療への貢献を目指します。

災害救護

災害救護

災害救護

東日本大震災での経験を活かし、薬剤師も救護班の一員として国内外の災害に備え、日頃から訓練や研修を行っています。年に一度の大規模災害訓練では処方センターの立ち上げや各エリアに薬剤師が配置され、医薬品の供給や管理を任されています。

その他にも、地域の催し(石巻川開きなど)がある場合は他のスタッフとと共に出動し、救護活動を行っています。