採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 医療技術職の採用情報
  4. リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
  5. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

最良のリハビリテーションを提供できるセラピストに

星豪志 リハビリテーション課/理学療法士

当科では現在、疾患別チーム制にて運用されており、理学療法士は脳血管疾患、呼吸器疾患、循環器疾患の3チームを入職後1年ごとにローテーションする仕組みとなっております。そのため入職後3年までに広範囲に渡る知識を身につける事ができ、自分の興味・関心が高い分野を知り、より知識を深める事もできます。急性期のリハビリテーションはリスク管理が非常に大事な反面、患者さんの回復状況をよりスピーディに実感する事ができ、非常にやりがいのある仕事だと思います。私は理学療法士となって4年目でまだまだ未熟者ではありますが、今後も多くの知識と経験を重ねていき、患者さんにとって最良のリハビリテーションを提供できるセラピストになりたいと思っています。共に学び、切磋琢磨していきましょう!

知識・技術は日々の関わりを通して身に付く

佐藤有里 リハビリテーション課/作業療法士

当院は総合病院であるため、脳血管疾患をはじめ、呼吸器疾患や心疾患など様々な疾患のリハビリテーションに携わることができます。また、カンファレンスなどを通して、医師や看護師、ソーシャルワーカーと連携を取りながら、退院後の「その人らしい人生」を目指した関わりを行うことができます。
入職前は、知識・技術の不足を不安に感じると思いますが、入職してからの研修や患者さん・病院スタッフとの日々の関わりを通して身に付けていくことができます。

さまざまな勉強会で自身をスキルアップ

及川諒 リハビリテーション課/言語聴覚士

当院では、発症後まもない患者さんの状態評価から転院・退院までの言語機能や嚥下機能に対するリハビリテーションを行っています。総合病院のため、多様な病態を経験することができます。また、小児から高齢者の方まで幅広い年齢層の患者さんを診ることができるのも特徴です。
昨今、リハビリテーション栄養に関する話題を耳にする機会が増えています。当院は栄養サポートチーム(以下NST)活動が盛んであり、入職直後よりチームに参加することができます。また、日本静脈経腸栄養学会の認定教育施設となっており、働きながらNST認定療法士受験資格の研修を受けることができます。NSTのみならず、院内ではさまざまなチームによる勉強会が開催されており、自身のスキルアップを図ることができます。
宮城県北東部の急性期医療を担う一員として、一緒に働いてみませんか。