採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 医療技術職の採用情報
  4. 臨床工学技士
  5. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

機械を通して患者さんを見る

旭 満里奈 臨床工学技術課/臨床工学技士 (仕事歴:2年)

この仕事を目指すきっかけは、知人が透析をしており、透析について調べたところ「臨床工学技士」という職業が関わっていることをしったことです。調べると透析以外にも機器類に関して幅広く活躍していると知り、理系は得意ではなかったのですが、興味を持ちました。循環器ではペースメーカーチェック時に機械だけでなく、「機械を通して患者さんを診ている」という認識をきちんと持たなければいけないなと実感しています。学生の間は、いっぱい勉強してください。仕事を始めると、知っていて当たり前で仕事をする上でさらに勉強していかなければいけないことがたくさんあるので。もちろん、たくさん遊ぶことも忘れずに!

工業高校出身の技術を生かして

大橋 侑弥 臨床工学技術課/臨床工学技士 (仕事歴:2年)

工業高校出身の自分の技術や知識を生かせると感じたため、この仕事を目指しました。医療の現場で仕事できることに満足しています。医療機器の修理や不具合への対応など、自分たちにしかできないことをした時が一番やりがいを感じます。臨床工学技士に関わらず、病院ではさまざまな職種の人たちと関わることが多く、コミュニケーションが大切になってきます。学生の間に、バイトやいろいろな奉仕活動に参加しておくといいでしょう。