東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 看護学生2名が人命救助でJR東日本より感謝状授与

看護学生2名が人命救助でJR東日本より感謝状授与

2018年04月24日

本校3学年の石川茉奈恵さんと岩渕あさひさんが、JR仙石線電車内で突然うずくまり意識を失いかけている高齢者の男性に対し、救護措置を行ったとし、4月24日(火)にJR東日本仙台地区駅長から感謝状が贈られました。

学生たちは、仙石線で石巻まで帰る途中、同じ車両に乗っていた男性が急にうずくまり吐き気を催しているのに気づき、声を掛け脈拍や意識確認を行いました。男性が、嘔吐すると、徐々に意識が薄くなり、瞳孔が開きはじめているのが分かりました。意識を失くしてしまわないよう声を掛け続け、停車する駅まで、乗務員さんや周囲の方々と協力をし、シートに横にさせるなどの対応をしました。駅に到着すると、男性は意識を回復したため、駅員さんへ男性を引き継ぎました。

贈呈式では代理の石巻駅長より感謝状を受け取りました。学生は、当たり前のことをしただけ、まさか表彰されるとは思わなかった。看護学生としてできる限りのことをしようと思った。周りの方々の協力もあったので、とても心強かった。と当時を振り返りました。