東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 「しあわせ」の花言葉とともに 全日空からすずらん寄贈

「しあわせ」の花言葉とともに 全日空からすずらん寄贈

6月3日(水)、全日空グループよりすずらんの鉢植え4鉢としおり500枚を寄贈していただきました。

2015年06月24日

全日空グループでは社会貢献活動の一環として、昭和31年6月より“幸福の再来”“しあわせ”の花言葉を持つ「すずらん」の贈呈を全国47施設で行っています。これは入院患者のみなさまを励ますことを目的として行われているもので、当院では5回目の開催となります。
贈呈式でキャビンアテンダント 佐藤ふみさんから、すずらんの鉢植えとしおりが院長に贈呈され、その後、入院患者さんへすずらんの香りが付けられたしおりを手渡ししていただきました。しおりには、仙台市出身のアイススケート選手の羽生結弦選手の直筆メッセージと、全日空グループ職員1人1人からの手書きのメッセージが添えられていました。患者さんはすずらんの甘くやさしい香りと心のこもったメッセージに笑顔を見せていました。

▲石巻市出身のキャビンアテンダント 佐藤ふみさん

▲キャビンアテンダントからすずらんを笑顔で受け取る患者さん