東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 盲導犬が実演!!目の不自由な方・盲導犬ユーザーへの対応研修を初開催

盲導犬が実演!!目の不自由な方・盲導犬ユーザーへの対応研修を初開催

1月28日(水)日本盲導犬協会仙台訓練センターにご協力いただき研修会を開催しました

2015年01月29日

身体障害者補助犬法により盲導犬の受け入れ義務を負っている当院。視覚障害をもつ患者さんや見舞客が来院した際の対応スキルを習得するため、日本盲導犬協会仙台訓練センターにご協力いただき「盲導犬ユーザーへの対応研修」を開催しました。

今回は実際に盲導犬1頭が来院。看護師・事務職員らが講義や実演を通じて盲導犬の基礎知識や受け入れ時の対応を学びました。
後半には参加者がペアになり交互にアイマスクを着用し手引きを実践。参加者からは「実際に目が見えない状況になると少しの段差でもとても不安に感じた」・「視覚障害者への対応について、自分の知識が意外と乏しかったことに気づいた」といった感想がよせられ、理解を深めることができたようです。

今後は目の不自由な方・盲導犬ユーザーの目線に立ったマニュアルを作成し、他の来院者にも理解をいただく活動を進めていきます。

講師の日本盲導犬協会仙台訓練センター目黒さん・斉藤さん・盲導犬のヴェラちゃん

実際に外来へ行き盲導犬とユーザーがどのように行動するか実演

目の不自由な方の立場になって考える充実した研修会となりました