東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 復興、発展に貢献し、恩返しをしたい 困難を乗り越え第82回生卒業

復興、発展に貢献し、恩返しをしたい 困難を乗り越え第82回生卒業

3月7日(金)、石巻赤十字病院会議室にて「平成25年度第82回生卒業式」を挙行しました。

2014年03月11日

今回、卒業した82回生38名は、震災の年に入学し、石巻専修大学での仮校舎からスタートしました。限られた場所での学校生活は、いろいろな面で制約を強いられましたが、互いに励まし合い成長してきた学生達です。
卒業生代表 目黒敏昭さんは、「石巻赤十字看護専門学校の卒業生であることと、素晴らしい仲間がいることに誇りを持ち、患者様に優しく手を差し伸べることのできる看護師を目指し、これまで全国の方々から頂いた多くのご支援に対し、それぞれの場所で、復興、発展に貢献し、恩返しができるよう努力します」と答辞を述べました。

金田学校長は、エレノア・ルーズベルトの言葉「未来は、自分の夢の素晴らしさを信じる人達のものだ」を贈り、「みなさんは今後どのような困難に対峙しても、必ずそれを乗り越える能力と精神力を備えています。さあみなさん、自分の力を、そして自分の未来の美しさを信じて羽ばたいていく時が来た」と激励しました。