東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 平成30年度 救護班員辞令交付式を実施

平成30年度 救護班員辞令交付式を実施

~赤十字救護班員としての使命を胸に~

2018年04月27日

4月26日(木)救護班員辞令交付式を行い、日本赤十字社宮城県支部本木事務局長より医師・看護師・主事の各代表者に任命書が授与されました。当院では、自然災害や大規模事故での傷病者に対応できるよう「救護班」を常設しており、今年は197名(予備要員含む)もの救護班を編成、その中で新たに原子力災害医療派遣チームを配置しました。災害により苦しんでいる人をひとりでも多く救いたい―その想いを実現するため、今年度も国や地域の医療・防災機関と合同訓練や院内研修などを実施していきます。また地域に密着したイベントにも多数の救護班を派遣し傷病者の対応にあたります。

宮城県支部本木事務局長より任命証を授与される救護班員

今年度、救護班員として登録された職員は197名です