東北一、 活気ある病院

  1. ホーム
  2. 新型インフルエンザ対応訓練を実施!

新型インフルエンザ対応訓練を実施!

2020年01月22日

1月17日(金)、石巻圏域での新型インフルエンザ発生に備え、関係機関合同での対応訓練を実施しました。

 今回は、高熱と呼吸器症状を訴えた患者が市内のかかりつけ医療機関を受診。問診にて新型インフルエンザ発生国への渡航歴者との接触が確認され、保健所による疫学検査を行ったところ、新型インフルエンザが強く疑われ、感染症指定医療機関である当院に搬送されるという想定で行われました。当院では、搬送された疑似症患者の受け入れや診察手順、入院する感染病室までの収容の流れを検証。今回の訓練では、2市1町の保健所や関係医療機関、参観機関など合わせて約80人が参加し、患者対応や関係機関との連携、搬送方法などを確認しました。訓練終了後には、関係者による振り返りが行われ、さらなる体制強化へ向け活発な意見交換や課題共有がなされました。

 いつどこで発生するか分からない新型インフルエンザ。当院では、今回の訓練で対策本部の組織化の見直しや各部門の備えが課題に挙げられました。今後、院内マニュアルの修正や関係機関との連携強化に取り組んでいきます。

感染症室にて新型インフルエンザ疑い患者を 診察する医療スタッフ。

措置入院のため感染病室へ患者を搬送。感染拡大を防止するため、患者はアイソチャンバー という陰圧式用具で搬送されます。

全体での振り返り。 参加者より、「患者の不安に寄り添い、より丁寧な説明が 必要と感「マニュアルに足りないところが明確になり、具体的に何をすれば良いか分かった」などの意見が挙がりました。