診療案内

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 診療科・部門紹介
  4. リハビリテーション科

リハビリテーション科

img01

リハビリテーションとは,病気やケガなどで身体や心の障害を受け,社会生活や社会参加が不自由になってしまった人に対し、家族も含めてその人をとりまく様々な分野の専門家によるチームアプローチによって社会復帰が図られる過程を表す言葉です。

当科は石巻医療圏において唯一急性期リハビリテーションを担っており、脳血管障害、呼吸器・循環器疾患、整形外科疾患のみではなく、廃用症候群(手術や安静により、筋力が低下する、関節が硬くなる、心肺機能が低下するなど)を生じた患者様に対して積極的にリハビリテーションを行い、早期退院できるよう努めております。
近年,地域連携診療や呼吸・栄養・糖尿病サポートチーム等のチーム医療にも取り組んでおり、今後も需要は更に高まるものと思われます。
科学的根拠や患者様からの要望に基づいた治療、幅広い視野を持ち他職種と協同しての質の高い急性期のリハビリテーション医療サービスを提供できるよう日々努めております。

<基本方針>
・赤十字の基本原則である人道に基づき、患者様が健康状態を回復して、日常生活活動の自立や社会参加ができるように支援する。
・医療チームにおけるリハビリテーション専門職として、その質と安全性の向上に努める。
・急性期リハビリテーション医療を中心に行う病院として、地域の医療・保健・福祉施設等と連携し、地域医療の充実に努める。

■理学療法部門
理学療法部門は, 病気やケガなどにより身体に障害を生じた人に対し,基本的な運動機能の回復や基本動作能力や移動能力(「起きる、坐る、立ち上がる、立つ、歩く」)の回復を図るために、運動や練習や指導を行ったり、時には、温熱や物理的な手段を加える治療法です。
また、障害の回復だけではなく、病気や加齢により身体を動かさないでいることにより起こる運動機能の低下や基本動作能力の低下を予防するなど、現状以上に悪くならないように維持することも理学療法として行っております。

■作業療法部門
作業療法部門は,生活の中での問題点に対して医学的知識に基づき分析や予測を行い,生活における目的活動に直接的・間接的に関わり、人と環境との適応を心身ともに支援・援助する部門です。
発症後できるだけ早期より基本動作や食事動作,排泄動作,更衣動作,入浴動作など,日常生活の能力向上に向けて治療を行っております。
対象としては,脳血管疾患を中心に呼吸器・循環器疾患、整形外科疾患(上肢や手の外傷・手術後,脊髄損傷など)となっております。

■言語療法部門
言語療法部門は,生活の中での問題点に対して医学的知識に基づき分析や予測を行い,主にコミュニケーションや摂食・嚥下機能を中心に訓練・支援・援助していく部門です。
具体的には病気やけがなどにより,「言葉がうまく出せない,言葉が理解できない,文字がわからない,字が書けない」などの症状のある方、「うまく食べられない,喉に食べ物が引っかかる,食べる時にむせ込みやすい」などの症状のある方,「よだれが出る,はっきりと話せない,呂律が回らない」などの症状のある方々の援助をさせていただいております。

スタッフ紹介

氏名・役職・卒業年 所属学会 認定資格・専門分野

佐々木 盛力(部長)
平成15年卒

日本整形外科学会 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
身体障害者福祉法第15条第1項指定医師
臨床研修指導医

スタッフ(平成28年8月1日現在)

医師 1名 言語聴覚士 3名
理学療法士 21名 作業療法士 10名

所有資格(平成28年8月1日現在)

3学会合同呼吸療法認定士 6名
住環境福祉コーディネーター2級 2名
上級リンパ浮腫ドレナージセラピスト 2名

施設基準(平成28年8月1日現在)

脳血管等リハビリテーション(Ⅰ)
心大血管リハビリテーション(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション(Ⅰ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

臨床実習受け入れ

県内外6校の理学および作業療法士養成校からの臨床実習(長期・短期)