診療案内

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 診療科・部門紹介
  4. 放射線治療科

放射線治療科

放射線治療科ではリニアック1台を保有し、常勤の放射線腫瘍医1名・専従の診療放射線技師3名・看護師が所属し、がんの放射線治療全般を担当しています。
放射線治療はがん診療の一翼を担っており、根治治療(がんの根絶を目指す治療)・術前術後の治療(集学的治療)・姑息治療(痛みなどの苦痛を緩和する目的の治療)と幅広い適応を持っています。侵襲の少なさや肉体の機能・形態温存の点で優れた治療といえ、多くの場合が外来通院でも継続可能です。

診療は紹介元の先生と連携して進められます。当科単独で診療となることはほとんどなく、主治医から当科を紹介されて初診となり治療に入るのが基本的な流れです。また治療中だけでなく治療終了後の経過観察期においても適宜連絡を取って方針を決めていきます。紹介元科の事情により当院で診療対象としていないがんの種類や内容の詳細についてはがん診療連携拠点病院のページをご参照ください。

多くの方にとって放射線治療が役立つものと思いますが、病状は人それぞれですので、治療を受けられる際は紹介元の主治医・放射線治療科の担当医や放射線治療室のスタッフとよく相談し、正しい情報を得た上で疑問点や不安な事柄を解消していくことをお勧めします。また当科では治療後の経過観察も行っています。必要に応じて療養を支援する各部署とも連携しますので、気になる点があれば随時ご相談ください。

なお、当科は東北大学放射線治療科の関連病院として位置づけられており、研修の一環で大学の若手専攻医が診療の一部を担当しています。皆様にはご理解とご協力をいただきたくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

氏名・役職・卒業年 認定資格・専門分野

菅原 俊幸(部長)
平成11年卒

日本医学放射線学会放射線治療専門医
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医