診療案内

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 診療科・部門紹介
  4. 血液浄化センター

血液浄化センター

当センターは計50床であり、月コース・火コース各2部制で運営しています。約120名の外来透析患者さんのほか、医療圏内に住まわれる透析患者さんの合併症治療や手術目的の入院を数多く受け入れています。血管アクセスの作成・修復については血管外科・放射線科医の協力を得ながら診療にあたっています。もちろん維持透析のみならず、急性腎障害やうっ血性心不全・敗血症性ショックなどに対する急性血液浄化療法、希少疾患に対するアフェレシス治療等についても対応可能です。
 なお当院は急性期対応を主としておりますので、他地域からの維持透析患者さんの転入や旅行・帰省等での一時的な透析には、申し訳ありませんが対応しておりません。重症合併症を抱えている等、他施設での透析が困難な方のみ受け入れておりますので、ご了承下さい。

【透析医療の自主機能評価指標について】
日本透析医会の提唱する自主機能評価指標に基づき当院の透析医療の自主機能評価指標(2020年6月現在)を公開します。 詳しくは 透析医療の自主機能評価指標について をご覧ください。

スタッフ紹介

氏名・役職・卒業年 認定資格・専門分野

中道 崇
(部長)
平成15年卒

日本内科学会 総合内科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本腎臓学会 腎臓指導医
日本透析医学会透析専門医
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医
小児慢性特定疾病指定医

宮内 健一郎
(医師)
平成25年卒

日本内科学会認定内科医
日本透析医学会透析専門医
日本腎臓学会腎臓専門医

小山 千佳
(医師)
平成29年卒

西岡 宏泰
(医師)
平成29年卒

診療実績

2019年

延濾過回数 22,777回
アフェレーシス件数 58回