診療案内

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 診療科・部門紹介
  4. 救命救急センター

救命救急センター

石巻赤十字病院は、平成21年7月1日から地域救命救急センターに認可されました。一次や二次の医療機関では対応できない複数の診療科領域にわたる重篤な救急症例(三次)に対し、高度な医療を総合的に提供するのが救命救急センターです。石巻地域では、診察、投薬のみの軽症(一次)の救急疾患は「かかりつけ医」「休日当番医」「夜間急患センター」が対応し、各種検査、入院が必要となる中等症(二次)の疾患は当院を含め5医療機関が参画している「病院群輪番制」がそれぞれ対応しています。しかしながら、重症か軽症かは診察の結果で判断されるため、当センターでは中等症以上と考えて受診された患者さんには全て対応したいと考えています。

3名の日本救急医学会専門医を擁し、24時間、365日救急隊からのホットラインによるコールを受け、オンラインメディカルコントロールや救急患者さんの受け入れに迅速に対応できる体制をとっています。さらに、全科がオンコール体制をとっており、必要な場合には各科専門医へ引継ぎ、適切かつ高度な医療を提供します。また、救急専用病床24床を有し、重症患者さんの受入体制も整備しています。

当院は三陸自動車道のインターチェンジが隣接しており、地上・屋上ヘリポートを有しているために、遠方からの救急搬送の受け入れも可能です。地域中核病院として、石巻地区のみならず近隣地区からの救急患者さんを幅広く受け入れる方針です。さらに、災害拠点病院として赤十字の原則に基づき、災害に備えての各種訓練や指導及び救護活動にも日本DMAT、日赤救護斑として積極的に参加していきたいと考えます。

最近、夜間・休日の一般患者さんが急増しています。限られたマンパワー、あるいは緊急度を優先して治療する必要上、順番が前後したり、待ち時間が長くなったりすることもあろうかと思われます。救命救急センターは、生命にかかわる重篤な状態を救命する場であり、そうでない場合はとりあえずの応急処置を行うところです。そのため、平日昼間と同等の外来診療はできません。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

スタッフ紹介

氏名・役職・卒業年 所属学会 認定資格・専門分野

石橋 悟(副院長)
平成3年卒

日本外科学会
日本静脈経腸栄養学会
日本クリニカルパス学会
日本医療マネジメント学会
日本救急医学会
日本臨床救急医学会
日本集団災害医学会
日本外傷学会
日本外科学会外科認定医
日本静脈経腸栄養学会経腸栄養認定医
臨床研修プログラム責任者
東北大学医学部臨床准教授(高度救命救急センター)
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医

小林 道生(部長)
平成13年卒

日本救急医学会
日本集中治療医学会
日本外科学会
日本呼吸療法医学会
日本化学療法学会
日本集団災害学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本救急医学会 救急科専門医
日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本外科学会 外科専門医
日本呼吸療法医学会呼吸療法専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本化学感染症学会感染症コントロール医(ICD)
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・認定指導医
DMATインストラクター
日本集団災害学会 MCLS管理世話人
日本救急医学会 ICLSインストラクター
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医

遠山 昌平(副部長)
平成19年卒

日本救急医学会
日本集中治療医学会
日本救急医学会救急科専門医
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医

井上 顕治(医師)
平成21年卒

日本内科学会
日本感染症学会
日本救急医学会
日本内科学会総合内科専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
厚生労働省医政局長認定臨床研修指導医

瀬尾 亮太(医師)
平成22年卒

日本外科学会
日本救急医学会
日本集中治療医学会
日本集団災害医学会
日本臨床救急医学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本化学療法学会
日本腹部救急医学会
日本外科学会 外科専門医
JATECインストラクター

診療実績(2015年度)

救急患者数 32,990名
救急車受入件数 6,499名
救急車応需率(受入率) 99.37%(99.56%)
救急車受入患者入院率 6,499人中2,753人 42.36%