ほほえみ6月号
5/8

■ドクターカー症例検討会を開催/5月18日(木)ドクターカー運用開始から4年 関係者と課題を共有5月当院では、救命率の向上や後遺症の軽減を目的として、平成25年7月よりドクターカーの運用を行っております。今回の症例検討会に参加されたのは、石巻救急隊34名、登米救急隊13名、病院職員21名の計68名です。過去にあったドクターカーの事例をもとに、救急隊と病院医師それぞれの立場から検討会を行いました。▲救急隊、病院それぞれの認識について共有を計る。■宮城県看護協会と共催し「ふれあい看護体験2017」を実施/5月12日(金)看護の道への第一歩5月ナイチンゲール生誕の日である「看護の日」に、高校生を対象とした「ふれあい看護体験2017」を開催しました。看護職をはじめとした医療職を目指す県内の高校生を募集し、石巻地方の4校を含む13校から計27名が参加されました。午前中は若手看護師から看護職のやりがいについての話を聞き、午後からは実際に病棟に入り看護の仕事を体験。参加した高校生は、「患者さんの手や足を洗うことは力加減が難しかったが、笑顔になってもらえてやりがいを感じた。看護師になりたいという気持ちがより強まった」と笑顔で話をされていました。▲実際に患者さんの足浴を体験。■救護班員辞令交付式を挙行/4月19日(水)赤十字救護班員としての使命を胸に!4月災害により苦しんでいる人をひとりでも多く救いたい―その想いを実現するため当院では9つの救護班を編成しており、今年度の救護班員辞令交付式を行いました。昨年は熊本地震災害や台風10号被害を受けた地域に救護班やDMAT隊員を派遣、その他にも地域に密着したイベントで多数活動を行っています。今後も有事の際に日赤救護班としての使命を果たせるよう、訓練や研修などを実施していきます。▲今年度、救護班員として登録された職員は  186名です。ACTIVITYREPORT活動報告4月~5月ての使命かららららら4444年年年年職員は

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る