ほほえみ4月号
2/8

Special editionお医者さんから健康を学ぼう! 〈特集〉アレルギー性鼻炎は鼻の中に入った大気中の粒子を鼻の外へ排出しようとする反応が過剰に起こることで生じます。症状は発作性のくしゃみ、水のような鼻水、鼻づまりが特徴です。アレルギー性鼻炎は体質的なものですが、最近は増加傾向にあり、なんと日本人の5人に1人がアレルギー性鼻炎に悩まされているそうです。今回は、耳鼻咽喉科の渡邉部長にアレルギー性鼻炎の治療法について解説していただきます。アレルギーの原因は採血でチェックできます!自分でできる! アレルギー性鼻炎の対策アレルギー性鼻炎は1年を通して症状の出る“通年性アレルギー性鼻炎”と特定の時期に発症する“季節性アレルギー性鼻炎”に分かれます。通年性アレルギー性鼻炎の原因としてはほこり(ハウスダスト)、ダニ、ペットの毛などがあります。季節性アレルギー性鼻炎の原因としては、スギやイネなどの花粉が挙げられ、スギの場合は一般的には花粉症と言われています。どのような原因で症状が起こっているかは病院で採血することでわかります。5人に1人が鼻炎!?~アレルギー性鼻炎について徹底分析!~鼻炎の原因となる物質を除去することが、対策につながります。自分でできる対策❶毎日掃除機を使って室内を掃除する❷ソファやカーペット、畳の使用を控える❸ダニを防ぐ布団を使用するなどの方法があります。特に花粉症の季節はアレルギー性鼻炎の原因❶花粉の飛散が多いときは窓を開けて換気しない❷帰宅時には玄関で服や体に付着した花粉を払い落す❸洗濯物や布団を外に干さない通年性季節性スギイネほこりペットの毛ダニの花粉

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る