ほほえみ2月号
3/8

眼科部長渡邉 亮 〈わたなべ りょう〉今月の担当医師日本眼科学会眼科専門医身体障害者福祉法第15条第1項指定医師●防腐剤が含まれている人工涙液を頻回点眼(1日6回以上)すると、目の粘膜を痛める事があるので、防腐剤の入っていない人工涙液がおすすめです。●水道水での洗眼は塩素による刺激があるので使用はあまりおすすめできません。早め早めの対策をしましょう!花粉飛散予想日の約2週間前から症状がすこしでも出始めたときに、治療をすることができるのをご存知ですか。早く治療をすることによって、発症期間を短くしたり、症状の軽症化、薬剤の使用を少なくすることが可能になります。花粉症が悪化してから治療を始めると、お薬は効きづらく、症状もなかなか改善しません。早めにお近くの眼科を受診しましょう。気象状況によって花粉の飛散量は変わります。晴れまたはくもりの日や最高気温が高い日、湿度が低い日や雨の日の翌日は特に注意しましょう。今月のポイント注意ポイント

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です