ほほえみ8月号
4/8

SodaSportsFruitVegetableTOPICS清涼飲料水の飲みすぎに注意!暑い時こそ要注意! 「ペットボトル症候群」皆さん、「ペットボトル症候群」という言葉をご存じでしょうか。糖分をたくさん含んでいる、炭酸飲料やジュースなどを大量に飲み続けることによって発症する急性の糖尿病です。暑い時期に脱水予防としてスポーツドリンクを大量に飲んだり、習慣的にジュースを飲んでいませんか?そんな方、清涼飲料水の飲み過ぎは要注意です!普段の水分補給のおススメは、水やお茶!普段の水分補給として摂取するのは、糖質がなく手軽な水やお茶がおススメです。清涼飲料水の飲みすぎに注意しながら、暑い夏を乗り切りましょう!糖質が多い清涼飲料水をチェックしましょう!炭酸飲料(500ml)スポーツドリンク(500ml)砂糖30g野菜ジュース(200ml)冷やされていると甘さを感じないので、こんなに含まれていることを知らずに飲みますよね。野菜ジュースは野菜不足解消や健康に良いとのイメージがありますが、飲みやすくするために果汁やはちみつが入っている商品もあります。清涼飲料水を選ぶ時は何が入っているかを確認してみましょう。ワンポイント アドバイス糖質の量を見て不安になった方も、糖質ゼロの清涼飲料水であれば糖質を気にせずに飲むことができます。普段飲んでいる清涼飲料水には糖質が含まれています。どのくらい含まれているのかをチェックしましょう!監修:管理栄養士 奈良坂佳織12本分!!5g砂糖1本…砂糖60g砂糖16g砂糖22g果物ジュース(200ml)茶水

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です