ほほえみ2月号
4/8

TOPICS認定看護師のご紹介皆さん、当院には患者さんにより質の高いサポートをすることができるよう、特定の看護分野での熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる専門看護師・認定看護師がいることをご存知ですか。今回は、その中から各分野の3人の認定看護師をご紹介したいと思います。私は、緩和ケア病棟だけではなく、一般病棟でも痛みなどの身体症状や気持ちのつらさに対して緩和ケアの専門的な知識やスキルをもって看護をしたいと思い、緩和ケア認定看護師を目指しました。現在、私は病棟で、がん患者さんの身体的苦痛や精神的苦痛など全人的苦痛をアセスメントし、病棟スタッフや多職種と協働して、患者さんや家族の「どのように生活を送りたいか」という目標に向けて看護実践をしています。患者さんやご家族・医療スタッフと目標を共有することで一緒に悩んだこと、達成できたこと一つ一つが自分の看護の糧になっていると思います。緩和ケア認定看護師看護係長 佐藤 富美さん さ とう ふ み きく ち よし え(平成28年1月現在)集中ケアとは、重症かつ集中治療を必要とする患者さん、その御家族への看護のことを言います。集中ケアを必要とする患者さんは、生命の危機状態にあり、その時期の看護の質が、その後の患者さんの回復や予後、QOLに大きく影響します。そのため、つねに傍で関わる看護師の関わりが重要であり、患者さんが身体的精神的な障害がなく、もしくは障害の程度を最小限に回復できるようさまざまな職種と連携をはかりながら、安全で安心な看護の提供をこころがけています。地域の急性期医療を担う病院として、一人でも多くの患者さんが笑顔で退院できるよう日々奮闘していきたいと思っています。●がん看護 1名●老人看護 1名●救急看護 1名●皮膚・排泄ケア 2名●集中ケア 2名●緩和ケア 3名●がん化学療法看護 2名●感染管理 2名●糖尿病看護 1名●乳がん看護 1名●摂食・嚥下障害看護 1名●慢性呼吸器疾患看護 1名認定看護師専門看護師集中ケア認定看護師…生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防や二次的合併症の予防および回復のための早期リハビリテーションを実施します。緩和ケア認定看護師…苦痛症状の緩和や患者・家族への喪失と悲嘆のケアを行います。(2014年に取得)集中ケア認定看護師看護係長 丹野 正子さん たん の しょう こ(2014年に取得)糖尿病患者さんは合併症の予防のために、食事や運動、薬物療法を毎日の生活の中で実行することが必要ですが、糖尿病でなかった時の生活と比べて不自由を感じ糖尿病の治療に向き合えないでいる患者さんもいます。患者さんが自分の人生のためによりよい自己管理の選択ができるよう、糖尿病を抱えた人生に寄り添って一緒に歩み、患者さんが現在も未来も笑顔で生活できる支援を外来でフットケア、療養支援を通して行っています。そして、院内、院外の糖尿病患者さんに関わるスタッフが今以上に糖尿病患者さんの支援ができる事を目指して、カンファレンスや研修会などの企画に関わっています。糖尿病患者さんの自己管理のことで相談がありましたら、どうぞ。糖尿病看護認定看護師菊地 由惠さん糖尿病看護認定看護師…血糖パターンマネジメント、フットケア等の疾病管理および療養生活支援を行っています。(2014年に取得)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です